Home > お知らせ > 乾燥肌にはお酢が効く
 

乾燥肌にはお酢が効く

黒酢に多く含まれるアミノ酸はダイエット効果のほかにも美肌効果が高くなっています。このアミノ酸は保湿性が高くなっていて内側から肌へと潤いを与えることによって、肌トラブルの原因となる乾燥を改善するのです。

黒酢に大量に含まれているアミノ酸は、人間の体内に存在するコラーゲンの原料です。
また、お酢は血行をよくし、新陳代謝を盛んにする働きがあるので、肌色アップ、くすみ解消など、肌を若々しく保つのに効果的です。
さらに、お酢が胃腸の調子を整えることで消化吸収を助け、食物繊維と一緒にとれば便秘も解消。これにより、肌荒れ、吹き出ものの予防にも役立ちます。

お酢をドリンクとして飲むときは、食前に飲まず、食事中か食後に飲むようにするとよいと言われています。
というのも、お酢ドリンクを飲むと食欲が増して、よけいに食べてしまうこともあるからです。
毎日食後に10mlずつ摂取しても良いですし、夕食後のみ15ml摂取するのも良いでしょう。

1日あたり15~30mlを目安に、毎日続けることが大切です。
そして注意点として、空腹時を避ける胃の中が空っぽの時に黒酢を摂取することは、胃が荒れる原因ともなります。
寝る前の黒酢は歯にダメージ酸によって歯がダメージを受けた状態を「酸蝕歯(さんしょくし)」と言い、冷たいものがしみたり、むし歯のような痛みが起こったりすることもあります。むし歯発生へのリスクも高まります。就寝中は唾液の分泌量が減少するため、寝る前に黒酢を摂取すると口内は強い酸性、つまり歯が溶けやすい環境のまま一晩過ごすことになるのです。
また黒酢を飲んだ直後は酸性の度合が高いため、30分以上経ってから歯磨きをすると良いでしょう。歯磨き前に、水で口をゆすぐなど酸性の状態を中和することもオススメします。


Copyright© 2013 – ‘2018’ yokoi-vinegar All Rights Reserved.